官公庁・自治体向け 下水・汚水などの処理

Simulation-01食品残渣処理の費用・発電量をシミュレーションします

ドイツ「エンスパー社」のシステムを用いて安定したバイオガス発電事業をトータルプロデュースする「アクアス」が、官公庁や自治体の担当者様向けに発電シミュレーション事例をご紹介します。シミュレーション結果は、以下の表でご確認ください。

原料例

地域ゴミ・下水・汚水 など(ゴミは前処理での分別が必須)

シミュレーション

ドイツの実績と研究を基礎とした推定データ(一例)です。
※内容によって、発電量・ガス発生量は異なります。

photo
原料 脱水ケーキ汚泥
処理量 20t/日
乾物含有率 40%
発酵槽容量 2,948m3 25m
発酵時間 60日

発電量の目安

発電機データ 250kW
日量のバイオガス産出量 2,940m3/日
日量のメタン産出量 1,764m3/日
熱出力 651kW
電力 253kW
  • 糞尿の処理
  • 植物系廃棄物の処理
お問い合わせ・ご依頼はこちら
Back to TOP