食品業などの企業向け  食品残渣などの有機物の処理

Simulation-02 食品残渣などの有機物の処理の費用・発電量をシミュレーションします

ドイツ「エンスパー社」のシステムを用いて安定したバイオガス発電事業をトータルプロデュースする「アクアス」が、食品業などに従事されている方向けに発電シミュレーション事例をご紹介します。シミュレーション結果は、以下の表でご確認いただけます。

原料例

パンクズ・トウモロコシ・食品残渣・魚介類や肉類の廃棄物・食品加工の廃棄物・汚泥 など

シミュレーション

ドイツの実績と研究を基礎とした推定データ(一例)です。
※内容によって、発電量・ガス発生量は異なります。

photo
原料 豚糞尿・ビールかす・茶かす・廃油・刈草など
処理量 約35t/日
乾物含有率 9~90%
発酵槽容量 3,213m3 / 28m
発酵時間 91日

発電量の目安

発電機データ 500kW / 1基
日量のバイオガス産出量 4,800m3/日
日量のメタン産出量 2,750m3/日
熱出力 1,150kW
電力 460kW
  • 糞尿の処理
  • 食品残渣の処理
お問い合わせ・ご依頼はこちら
Back to TOP