新規でバイオガス発電をお考えの方へ

バイオガス発電の新規導入で成功したい方へ

新たにバイオガス発電のプラント建設をお考えの方へ、「アクアス」の特徴、プロデュース内容および補助金情報についてご紹介します。糞尿処理・食品廃棄物処理・廃材処理にお困りの企業様や官公庁・自治体担当者様は、ぜひ当社にご相談ください。

「アクアス」のバイオガス発電でできること

調査から計画、建設、メンテナンスまで一貫対応

日本では「バイオガス発電はプラントを建設して終わり」という企業が多いように思いますが、当社は「採算性を高めるには運用こそが大切」と考えています。そのため、現地調査はもちろん、申請代行や融資のご相談、計画、設計、施工、運用、メンテナンスに至るまでトータルでプロデュース。コンサルティングによって、効果・成果にこだわった運用を行います。

photo

投入機

photo

全体像

「運用が重要」な理由

日本では、バイオガスプラントを正しく運用できていない企業様が多いように思います。当社なら、運用コンサルティングによって状況に合わせたご提案が可能。有機ゴミと嫌気性微生物の割合や発酵槽の温度を変えることで発電効率をアップさせたり、メンテナンス方法の変更によってコストを抑えたりすることもできます。

プラントの運用効率は、さまざまな条件によって変動します。なぜなら、バイオガス発電は「機械」ではなく「生物(微生物)」を相手にする事業だからです。絶えず変化する条件に対応するために、建設後の運用が重要になるのです。

PICK UP

「エンスパー社」のノウハウとシステムを活用

当社はバイオガス発電の本場であるドイツのリードカンパニー「エンスパー社」の日本総代理店です。20年以上にわたってバイオガス発電の開発に力を入れてきたエンスパー社のバイオガス発電システムとそのノウハウを活用し、3D設計によるムダのないレイアウト、設備の長寿命化、遠隔操作によるリアルタイムでのモニタリングなどを実現しています。

photo

ポンプユニット

photo

モニター
※画像をクリックすると拡大されます。

3Dによる設計例

当社では、3Dによる設計で具体的にご提案いたします。3Dなので、様々な方向から見る事ができ、施設のレイアウト全体が把握できます。 また、機械や設備も3Dで設計しますので、具体的に見る事ができます。

さまざまなコストを削減

当社が採用しているドイツ製の発酵槽やガスホルダー、熱電併給設備(コージェネレーション設備)はデザインにムダがなく、シンプルなのが特徴です。そのため壊れにくく、トラブルが少ない、メンテナンスが楽になるというメリットもあります。

また当社では、発酵槽をベース基礎にボルト止めし、独自の地震対策・安全対策を行っています。余分なものをつくらないことでコストを抑えることができ、他社と比べて低価格でプラントを建設することが可能です。

photo

燃焼機

photo

発酵槽組立作業

バイオガス発電プラント展開状況

バイオガス発電プラント展開状況

補助金のご紹介

バイオマスエネルギーの導入に際しては、国や地方自治体、金融機関などからさまざまな補助金や優遇制度を受けられます。年度により内容が変更されますのでそれぞれのホームページでご確認ください。

お問い合わせ・ご依頼はこちら
Back to TOP