すでにバイオガス発電システムを運用中の方へ

バイオガス発電のコスト削減・収益黒字化にお悩みの方へ

すでにバイオガス発電システムを導入されている方へ、注意していただきたい運用時のポイントについてご説明します。せっかく導入した高額な発電システムを無駄にしてしまわないように、以下のことに気を付けて運用しましょう。

こんなお悩み、ありませんか?

発電効率がよくない

効率よく発電できていない場合、微生物と有機ゴミの割合が適正でなかったり、発酵槽の嫌気状態が完璧でなかったりするケースが考えられます。

photo

発電効率の良い有機ゴミをご提案

「アクアス」にできること
当社では、発酵槽内の温度やバイオガスの発生量・濃度、発送電量などをこまかくデータでチェック。常に発電効率の最大化を行い、無駄なく有機ゴミからバイオガスを回収します。

原料の収集・管理の効率がよくない

バイオガス発電は、原料となる有機ゴミを確保できてはじめて安定した運用が見込めるもの。有機ゴミが地域に広く分散していると、収集運搬管理に手間やコストがかかります。

photo

原料の安定確保方法をご提案

「アクアス」にできること
ドイツ「エンスパー社」の日本総代理店を務める当社では、エンスパー社の成功事例にならって原料の安定確保の方法もアドバイス。プラントの規模が大きくなるほど大幅なコストダウンが可能になります。

正しい管理・メンテナンス方法がわからない

他社のバイオガス発電を導入した場合、“建設まではしてくれるが運用までは面倒を見てくれない”というケースがほとんど。正しいデータ管理やメンテナンスのノウハウを持っていないと、コストばかり高くついてしまいます。

photo

経験によるメンテナンスをご提案

「アクアス」にできること
当社は、運用コンサルティングによって正しいデータ管理やメンテナンスをサポートします。他社のプラントでも運用をお任せいただくことが可能。

当社の運用コンサルティングが解消します

もっとも覚えておいていただきたいポイントは、バイオガス発電は「機械」ではなく「生物(微生物)」を相手にするものだということ。それゆえ、プラントの運用効率はさまざまな条件によって変動します。絶えず変化する条件に対応するためには、建設後の環境づくりを含めた正しい運用が重要になるのです。

「アクアス」では、環境先進国ドイツの「エンスパー社」が手がけたバイオガス発電システムと運用コンサルティングのノウハウを活用し、バイオガス発電のトータルプロデュースを行っています。バイオガス発電の収益黒字化にとことんこだわり、状況に合わせたご提案を行います。バイオガスプラントの運用にお悩みの方は、ぜひご相談ください。

photo photo

経験や実績で正しい運用方法をトータル的にご提案致します。

お問い合わせ・ご依頼はこちら
Back to TOP