バイオガス発電のメリット

バイオガス発電で実現できる5つのこと

再生可能エネルギーの効果的な利用法のひとつとして、世界中から注目されているバイオガス発電。日本では認知の遅れからまだまだ普及が進んでいませんが、バイオガス発電にはさまざまなメリットがあります。こちらでは、バイオガス発電で実現できる5つのことについてご紹介します。

バイオガス発電がもたらすメリット

メリット1:電力を安定的に得ることができる

メリット1:電力を安定的に得ることができる原料となる有機ゴミを確保することで、電力を安定的に得ることができます。太陽光発電や風力発電などと異なり、天候や時間に左右されず、24時間365日にわたって稼働させることが可能。任意の時間に電力を取り出せるのもメリットです。

メリット2:温室効果ガスを排出しない

メリット2:温室効果ガスを排出しない化石燃料を燃やしたときのように大量に温室効果ガスを排出しないので、温暖化対策に効果的です。また、家畜の糞尿は放置すると大量のメタンが発生してしまうため、燃料として活用することでメタン発生の抑制につながります。

メリット3:発酵槽内に出てきた消化液も液肥として利用できる

メリット3:発酵槽内に出てきた消化液も液肥として利用できる発酵槽内に残った消化液は、雑草種子や病原菌が含まれない安全な肥料(液肥)として二次利用可能。有機ゴミを無駄なく活用できます。

メリット4:消化液の固形分を堆肥として利用できる

メリット4:消化液の固形分を堆肥として利用できる消化液から分離した固形分は堆肥として二次利用が可能です。

メリット5:コスト削減と収益確保が実現する

メリット5:コスト削減と収益確保が実現するゴミの量が減ることで、それまでにかかっていた焼却費用を抑えることが可能。余剰電力の売電や有機肥料の販売により、収益を確保することもできます。また、バイオガス発電を有効利用することで休耕地の活性化も可能です。

「アクアス」のバイオガス発電でできること

当社では、環境先進国ドイツの「エンスパー社」が手がけたバイオガス発電システムを活用し、バイオガス発電のトータルプロデュースを行っています。糞尿処理・食品廃棄物処理・廃材処理にお困りの企業様や官公庁・自治体担当者様はぜひご相談ください。

  • 移動・増設が容易で、拡張改善にも対応
  • 遠隔操作による稼働状況管理
  • 全自動管理による高効率発電
  • シンプルな設計によるメンテナンスコストの削減
  • プラント建設から運用・メンテナンスまで一貫対応
  • 現在のバイオガス発電システムの改善提案

バイオガス発電とは?バイオマス発電との違い日本での現状

お問い合わせ・ご依頼はこちら
Back to TOP