バイオマス発電とバイオガス発電の違い

「バイオガス発電」と「バイオマス発電」は別物です

バイオガス発電の利用をご検討中の企業様や官公庁・自治体の担当者様のなかには、「バイオガス発電」と「バイオマス発電」の違いを正しく理解されていない方もいらっしゃるかもしれません。一見、どちらもバイオ燃料を用いた発電方法のため同じように思われがちですが、両者には明確な違いがあるのです。こちらでは、「バイオガス発電」と「バイオマス発電」の違いについてご説明します。あなたは、両者の違いを知っていますか?

バイオマス発電とは?
バイオガス発電とは?

バイオマス発電とバイオガス発電の特徴

バイオマス発電の仕組み

バイオマス発電の仕組みバイオマス発電は、家畜の糞尿、食品廃棄物、木質廃材などの有機ゴミを直接燃焼し、発生する熱を利用して蒸気でタービンを回す仕組みです。火力発電の燃料(石油・石炭・天然ガス)が有機ゴミに変わったものとお考えいただけるとわかりやすいかもしれません。「バイオマス」は、動物・植物などを由来とする生物資源の総称です。

バイオガス発電の仕組み

バイオガス発電の仕組みバイオガス発電は、家畜の糞尿、食品廃棄物、下水道・汚水などの有機ゴミを発酵させて可燃性のバイオガスを取り出します。そのバイオガスでガスエンジン発電機を回す仕組みです。ガスを作ったバイオ原料の残り(消化液)は、雑草種子や病原菌が含まれない安全な肥料として二次利用できます。

バイオマス発電とバイオガス発電の比較表
  バイオマス発電 バイオガス発電
燃料 生物資源 生物資源
発電方法 有機ゴミを直接燃焼させる 有機ゴミの発酵によって生成したバイオガスを燃焼させる
認知度 高い 低い
補助金 出る(国・各都道府県) 出る(国・各都道府県)
安定性 高い(※) 高い(※)
発電効率 高い(※) 高い(※)
導入コスト 高い 低い
維持コスト 高い 低い
CO2排出量 多い 少ない

※プラントの資材により変動します

バイオガス発電はプラント設備の構造がバイオマス発電に比べてシンプルなため、導入にかかるコストを抑えることが可能です。また、シンプルなつくりはメンテナンスのしやすさにもつながることから、清掃・修理にかかる手間や維持コストの削減もできます。

また、バイオガスの燃焼時には二酸化炭素(CO2)に代表される温室効果ガスがほとんど出ないので、有機ゴミを直接燃やすバイオマス発電よりも環境対策に有効です。

バイオガス発電は「アクアス」にご相談ください

バイオガス発電に関することは、日本全国でバイオガス発電のトータルプロデュースを手がける「アクアス」にご相談ください。当社は環境先進国ドイツの「エンスパー社」が手がけたバイオガス発電システムを活用し、日本でのバイオガス発電の普及および糞尿・食品廃棄物・廃材の処理に困っている企業様や自治体のお悩み解消に努めています。

バイオガス発電とは?バイオガス発電のメリット日本での現状

お問い合わせ・ご依頼はこちら
Back to TOP