バイオガス発電とは?

化石燃料に代わるクリーンエネルギーとして期待されています

地球温暖化や化石燃料の枯渇などの問題にともない、再生可能エネルギーの利用に注目が集まっています。現在は太陽光発電を筆頭に、風力発電、波力発電、地熱発電、潮汐発電などさまざまな発電事業が世界中で行われており、バイオガス発電もそのなかのひとつ。バイオガスはバイオエタノールよりもエネルギー回収率が高いとされており、化石燃料に代わるクリーンエネルギーとして期待されています。

こちらでは、バイオガス発電の概要についてご説明します。

バイオガス発電の概要

バイオガス発電は、家畜の糞尿、食品廃棄物、木質廃材といった有機ゴミからバイオガスを生成し、そのバイオガスを燃やして発電する方法です。嫌気性微生物の力を利用して有機ゴミを発酵させることで、可燃性のバイオガスを生成。そのバイオガスでガスエンジン発電機を回します。

バイオガスプラントの構造

主に「原料タンク」「発酵槽」「ガスホルダー」「熱電併給設備(コージェネレーション設備)」などで構成されます。火力発電などに比べると構造がシンプルで、トラブルが少ないのが特長です。

バイオガスプラントの構造

発電の流れ

発電の流れ

STEP1燃料投入

原料タンクに入った有機ゴミを嫌気状態(酸素のない状態)の発酵槽に投入します。

STEP2加熱・撹拌

発酵槽を加熱・撹拌(かくはん)することで、微生物がバイオ燃料をタンパク質、脂肪、炭水化物などに分解します。この課程でバイオガスが生成されます。

STEP3ガス保管

生成されたバイオガスは、ガスホルダーへ送られます。なお、発酵槽内に残った液分は消化液と呼ばれる良質な有機肥料になり、二次利用されます。

STEP4エネルギー化

バイオガスは熱電併給設備で電力あるいは熱になり、送電線を通して供給されます。

バイオガス発電を導入する意義

温暖化対策・環境対策

有機ゴミは化石燃料のように大量に温室効果ガスを排出せず、環境負荷も小さいので、温暖化対策や環境対策に効果的です。
≫「カーボンニュートラル」という考え方

エネルギーの安定供給

日常のなかで大量に発生する有機ゴミを燃料にするので枯渇の恐れがなく、エネルギーの安定供給につながります。

新規産業や雇用の創出

エネルギー開発にはさまざまな産業が関係することから、新技術や新規商品の開発過程において新規産業や雇用の創出につながります。

「カーボンニュートラル」という考え方

「カーボンニュートラル」という考え方バイオ燃料は、「カーボンニュートラル」な再生可能エネルギーとして知られています。カーボンニュートラルは、「何かを生産したり人為的活動を行ったりした際に“排出される二酸化炭素”と“吸収される二酸化炭素”が同量である」という概念のこと。燃やしても大気中の二酸化炭素は増加しないことが、化石燃料と異なるポイントです。

PICK UP

バイオガス発生量

バイオガス発電は「アクアス」にご相談ください

バイオガス発電に関することは、「アクアス」にご相談ください。当社はプラントをつくって終わりではなく、運用コンサルティングも行っているので、より重要な運用・メンテナンスまでワンストップでお任せいただけます。糞尿処理、食品残渣(ざんさ)処理、廃材処理のコストなどでお悩みの方は、ぜひご相談ください。

バイオマス発電との違いバイオガス発電のメリット日本での現状

お問い合わせ・ご依頼はこちら
Back to TOP